トップページへ戻る

1年単位の変形労働時間制(中途の清算)

中途採用者・退職者の給与の清算方法について

対象期間より短い労働者については、労働させた期間を平均し1週間当たり40時間を超えて労働させた場合においては、原則として、その越えた時間の労働については、法第37条の規定の例により割増賃金を支払わなければなりません。
(労働基準法第32条の4の2参照)


<中途採用者・退職者の割増賃金の計算>
1週間を平均し40時間を越えている部分については、割増賃金が発生します。
なお、1日について8時間を越えているか否かは考慮する必要はありません。

具体的には、

40×実労働期間の暦日数
          7

上記計算式を上回る時間が、時間外労働となります。
この割増賃金を支払わない場合は、当然、労働基準法違反になります。


※就業規則、労務管理、労働法その他労務に関するご相談は、
日吉社会保険労務士事務所

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tlmbc.com/sr01/mt-tb.cgi/108

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)