トップページへ戻る

解雇予告はいつまで??

前回のブログにも書きましたが、従業員側から会社に退職の
意思表示があった場合、法的には2週間経過後に効力が発生します。

根拠条文は民法627条第1項。
「当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は
いつでも解約の申し出をすることができる。この場合において、
雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって
終了する。」でした。

では、逆に事業主側から解雇の意思表示をする場合は??
民法上は、2週間とありますが、労働者保護の観点から、
労働基準法第20条において修正しています。
具体的には、
(1) 原則として、30日前に解雇の
意思表示である「解雇予告」をする必要があります。

(2) 30日前に解雇予告をしない場合は、
平均賃金の30日分以上の支払が必要です。
いわゆる「解雇予告手当」です。

(3) あるいは、例えば10日前に解雇予告をした場合に、
平均賃金の20日分以上の解雇予告手当を支払うというような
折衷的な対応も可能です。(1と2を併用するイメージです)

上記はあくまで労働基準法上の規制です。
解雇については、労働者保護の観点から、法律だけでなく、
判例法理により大幅に修正されています。
解雇予告をすれば解雇できるわけではないので注意が必要です。

詳しくは、お近くの社会保険労務士等にお問い合わせください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tlmbc.com/sr01/mt-tb.cgi/60

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)