トップページへ戻る

割増賃金(概要)

時間外・休日・深夜労働をした場合に支払われる割増賃金についてです。
代表的なものは残業代です。
割増賃金の分類及びそれぞれの割増率は下記の通りです。

(割増賃金率)
A 時間外労働         2割5分以上
B 休日労働          3割5分以上
C 深夜労働          2割5分以上
D 時間外かつ深夜労働   5割以上(A+C)
E 休日かつ深夜労働     6割以上(B+C)

※時間外労働は、法定の労働時間(40H/週、8H/日)を超えた場合などに発生します。
※深夜労働の深夜とは、原則として午後10時から午前5時までです。

※少し注意が必要なのは休日労働です。
日常用語とイメージが異なるからです。
労働基準法上の休日労働は原則として1週間に1回休日があれば、
休日労働にはなりません。
具体的には、土日休みの週休2日制の会社で仮に土曜日に勤務しても、
日曜日に通常どおり休みがとれればBの休日労働にはなりません。
(休日出勤という日常用語とイメージが異なるので注意して下さい)
この場合、Aの時間外に該当すれば2割5分以上の割増賃金率となります。


※就業規則、労務管理、労働法その他労務に関するご相談は、
日吉社会保険労務士事務所

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tlmbc.com/sr01/mt-tb.cgi/56

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)