トップページへ戻る

管理監督者について

労働基準法第41条は、
事業の種類に関わらず監督もしくは管理の地位にある者又は機密の事務を取り扱う者」については労働時間、休憩、休日に関する規定は適用しない、と定めています。

これは、監督もしくは管理の地位にある者又は機密の事務を取り扱う者については、経営者と一体的な立場にあり、また、立場上自らの裁量によって労働時間、休憩、休日をコントロールできると考えられるからです。

そして、いわゆる管理監督者に該当するか否かの判断は、名称に関わらず、実態に即して判断されるべきと考えられています。

具体的には、職務の内容や権限、勤務態様、待遇等を考慮し、経営者と一体的な立場にあるか否かで判断します。
単に肩書きがついているだけで、実際には何ら権限が与えられていないようなケースでは、管理監督者に該当しない場合がでてきますので注意が必要です。

もう一つ注意しなければいけないのは、年次有給休暇や深夜業に関する規定は、管理監督者であっても適用されるということです。
したがって、管理監督者であっても年次有給休暇の権利は発生しますし、深夜労働を行えば割増賃金が発生します。


※就業規則、労務管理、労働法その他労務に関するご相談は、
日吉社会保険労務士事務所

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tlmbc.com/sr01/mt-tb.cgi/82

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)