トップページへ戻る

年少者の労働時間・休日

満18歳に満たない者については、1週40時間、1日8時間の法定労働時間が厳格に適用されます。

以下に該当する規定は、原則として適用されません。

 (1) 変形労働時間制
     ・ 1ヶ月単位の変形労働時間制
     ・ フレックスタイム制
     ・ 1年単位の変形労働時間制
     ・ 1週間単位の非定型的変形労働時間制

 (2) 36協定による時間外労働・休日労働

 (3) 労働時間及び休憩時間の特例措置

<例外>

満15歳以上で満18歳に満たない者については、満18歳に達するまでの間(満15歳に達した日以後の最初の3月31日までの間を除く。)、次のいずれかの定めにより労働させることが可能です。

 (1) 1週間の労働時間が40時間を越えない範囲内において、1週間のうち1日の労働時間を4時間以内に短縮し、他の日の労働時間を10時間まで延長すること

 (2) 1週間について48時間、1日について8時間を越えない範囲内において、 1ヶ月単位の変形労働時間制(法第32条の2)1年単位の変形労働時間制(法第32条の4、法第32条の4の2)の規定の例によって労働させること


※労務に関するご相談は、日吉社会保険労務士事務所へ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tlmbc.com/sr01/mt-tb.cgi/111

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)