トップページへ戻る

年次有給休暇(概要)

年次有給休暇の付与要件

原則として、
(1)雇い入れの日から起算して6ヶ月間継続勤務、かつ
(2)出勤率8割以上(出勤率=出勤日/全労働日×100)
この要件を満たした場合にまず10日の年次有給休暇の権利が
発生します。

その後、1年を経過するごとに付与日数は増加します。(上限は20日)

(参考)    継続勤務日数  年次有給休暇の日数
            6ヶ月       10日
         1年6ヶ月       11日
         2年6ヶ月       12日
         3年6ヶ月       14日
         4年6ヶ月       16日
         5年6ヶ月       18日
         6年6ヶ月       20日
 ※パートの場合は1週間の所定労働日数や労働時間によって
 異なりますので、ご注意ください。

年次有給休暇は労働者に与えられた権利です。
したがって、労働者保護を図るためさまざまな規定があります。

詳細は今後このブログで取り上げます。


※就業規則、労務管理、労働法その他労務に関するご相談は、
日吉社会保険労務士事務所

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tlmbc.com/sr01/mt-tb.cgi/64

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)