トップページへ戻る

過去の有給休暇はいつまで繰越可能?

過去の有給休暇はいつまで繰越可能?

2年です。

労基法115条
「労働基準法の規定による賃金(退職手当を除く。)、災害補償
その他の請求権は、2年間これを行わない場合には、時効に
よって消滅する。」

仮に本人の同意を得ても、
あるいは、就業規則に有給休暇の繰越はできない等の規定があっても
年次有給休暇は2年間繰り越すことができます。
会社側は請求があった場合に拒むことはできません。
(時季変更権はあります)

年次有給休暇は現実的な問題として、
すべて消化することができないようなケースが多いです。

2年間経過すると強制的に消滅してまうので注意してください。


※就業規則、労務管理、労働法その他労務に関するご相談は、
日吉社会保険労務士事務所

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.tlmbc.com/sr01/mt-tb.cgi/66

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)